Article view
Title 「2011アジアソングフェスティバル」舞台飾る 次世代韓流スター公開
No 18 Inquiry 2230 Date 2011/09/29
File

- 韓国新人歌手にとって「夢の舞台」アジア新人歌手ショーケースラインナップ発表
- イケメンアイドル「エックスファイブ」、軍統領「ラニア」、韓国で初めてハーフ女性を主軸に結成されたアイドルグループ「ショコラ」、女性版2PMとして注目されている「エイプリルキス」、ソニーミュージック初の韓国男性アイドルグループ「ヒット」、アコースティックギターを自在に操るシンガーソングライター「リサ」の6組出演
- 全世界約40カ国に韓国新人歌手紹介、K-POP底辺拡大に寄与

☐毎年「アジアソングフェスティバル」本公演前に行われている「アジア新人歌手ショーケース」に出演する韓国新人歌手6組が公開された。次世代イケメンアイドルグループ「エックスファイブ」、実力派女性7人組グループ「ラニア」、韓国で初めてハーフ女性を主軸に結成されたアイドルグループ「ショコラ」、女性版2PMとして注目されているグループ「エイプリルキス」、ソニーミュージック初の韓国男性アイドルグループ「ヒット」、アコースティックギターを自在に操るシンガーソングライター「リサ」がその主人公。
これまで、2PM(ツーピーエム)、SHINee(シャイニー)、KARA(カラ)、U-KISS(ユーキッス)、RAINBOW(レインボー)などがデビュー直後にこの舞台で存在感を発揮し、のちに韓流スターに成長する中、「アジア新人歌手ショーケース」は韓国新人歌手にとって「夢の舞台」と呼ばれている。毎年アジアで注目に値する新人歌手を対象に設けられるこの舞台は、観客5万人と全世界約40カ国での放映を視聴する15億人に次世代K-POPスターとしての可能性を見せる、最高のプロモーション機会を提供する。

☐エックスファイブ(X-5)は4月に1stシングル『XENOS(ゼノス)』でデビューしたイケメン5人組のアイドルグループで、マイティマウスの『TokTok』、ソ・イングクの『Broken』などをヒットさせたライマーがプロデュースしたタイトル曲『ショーするな』で話題を集めた。『ショーするな』は恋に落ちた瞬間から別れを経験し、恋人に裏切られて傷つくまでをエックスファイブのこなれたボーカルで表現するダンス曲で、大人気を博した。その後、『Fantasy(ファンタジー)』、『僕の目の前に現れるな』を続けてリリースし、今年デビューした新人グループにもかかわらず、韓流スターだけが招待されるという「K-POPスーパーライブコンサート」や「ミュージックバンクin東京K-POPフェスティバル」、「コリアミュージックウェーブ」などの各種海外韓流コンサートに出演し、強烈な印象を残した。ギリシャ語「Xenos」のXとアラビア数字 5を合わせて作ったグループ名は、特別な5人が集まったという意味が込められている。平均身長186㎝にビジュアルな魅力が際立つメンバーが、国内外で目覚しい活躍を見せている。特に、エックスファイブのリーダーであるゴンは、KBSドラマ『スパイ・ミョンウォル』でエリック扮する主人公カンウの昔を演じ、激しい目つきの迫真に満ちた演技を見せ、演技者としての可能性も評価された。現在1stシングルの活動を終え、次のアルバムを準備中のエックスファイブは、10月15日に開催される「アジアソングフェスティバル」の「アジア新人歌手ショーケース」により、アジア各国のファンにスター性を見せつけ、海外進出に一層拍車がかかりそうである。

☐ 4月に『DR FEEL GOOD(ドクター・フィール・グッド)』でデビューし、しっかりした歌唱力とセクシーなパフォーマンスで強力な存在感を示している7人組の新人女性グループラニア(RaNia)も、アジア新人歌手ショーケースの舞台に立つ。ラニアは、マイケル・ジャクソンの『Dangerous』を作曲し、レディー・ガガ、スパイス・ガールズ、プッシーキャット・ドールズなど数十人に及ぶトップスターをプロデュースしたことで有名なテディー・ライリーが、4年もの歳月をかけて養成した実力派グループで、デビュー前から話題を集めた。デビュー5ヶ月目に入ったばかりのラニアは、デビューシングル活動を成功裏に終え、日本、タイ、マレーシア、シンガポールなどのアジア11カ国で華やかなショーケースを繰り広げるなど、海外でも熱い反響を受けている。最近ではマレーシア首相の主催で開かれた「ワンス・マレーシア」の舞台に国賓待遇で招待を受けて出演し、米国の有名ラッパー「ネリー(Nelly)」とメイン舞台を飾った。ネリーは公演後、ラニアについて「今すぐ世界に出ても遜色ない」、「次の機会にラップのフィーチャリングをしてあげたい」と絶賛したという。一方、先ごろMBC芸能番組「ラジオスター」に出演したブームが、軍隊で最も人気のある女性アイドルグループとしてラニアを挙げ、話題になっている。「ラニアのステージを見ると軍部隊が爆発せんばかりに熱気で沸く」と述べたブームの提案で、ラニアは一躍「軍統領」という愛称を付けられたりもした。ラニアは10月に2ndシングルをリリースする予定で、アジア新人歌手ショーケースの舞台で一層華やかなパフォーマンスを盛り込んだ新曲を聴かせてくれるのではと期待される。

☐ 韓国歌謡界に「シンドローム」を巻き起こしているショコラ(ChoColat)も、新人歌手として「アジアソングフェスティバル」の舞台に立つ。今年8月にシングル『シンドローム』ですい星のごとく登場したショコラは、メンバーのほとんどが白人系のハーフで、デビュー前から話題を集めた。ショコラのメンバーは、K-POPブームをリードする韓国アーティストになるために韓国行きを決心し、長い間デビューを準備してきたと熱い抱負を語っている。タイトル曲の『シンドローム』は80年代に流行したレトロ調のメロディにクラブ音楽とエレクトロニカが融合した激しくノリのいいダンス曲。特に、歌のリフレイン部で繰り返される「フレームダンス」が話題を呼び、YouTubeに全世界各国のファンがこれを真似して踊る映像をアップロードするなどの反響があった。今回の「アジア新人歌手ショーケース」は、多国籍アイドルグループ、ショコラが国境を超え、
全世界にK-POPブームを拡大するグループへと成長する契機になりそうである。

☐ デビュー前から「女性版2PM」と呼ばれて話題になった6人組の女性アイドルグループ、エイプリルキス(APRILKISS)の舞台も、期待を集めている。エイプリルキスは今月シングル『WANNABE』をリリースし、タイトル曲『Hello Bus』で旺盛に活動中。スーパーモデル、広告モデル、雑誌モデル、ミュージカル女優など華やかな経歴を持つメンバーは、モデル出身らしく平均身長173cmを誇り、超美脚で視線をとらえている。特に、メンバー最年少のサラが4カ国語を話せるタイ国際大学の学生だという事実が伝わり、ますます視線を集めている。エイプリルキスでボーカルとマスコット的役割を担っているサラは、ドイツ人の父親とタイ人の母親を持つハーフ。ドイツで生まれ、小学生の頃からタイで育った。このため英語はもちろん、ドイツ語、タイ語、韓国語まで駆使でき、タイのアサンプション大学で財政学を専攻している才女であることが明らかになった。サラは今後、エイプリルキスが海外進出するときにも貴重な存在になると期待される。また、リードボーカルのクジがミュージカル『甘い人生』などに出演し、パワフルな歌唱力を披露したことが公開され、「アジアソングフェスティバル」を待つファンの期待が一層高まると予想される。

☐ 大物新人グループと目されている6人組のヒット(HITT)は、世界最大の音楽事業会社ソニーミュージックが世界市場を狙って企画した最初の男性アイドルグループ。ヒットは「Hear Is The Top」を縮めた名前で、
国境を超えて世界でヒットさせるという覚悟が込められている。今年7月にミニアルバムをリリースし、タイトル曲『Good Night』でデビューしたヒットは、国内だけでなく西欧圏でも人気を集め、注目されている。エレクトロニカのリズムとコンテンポラリーR&B的な要素が合わさった『Good Night』は、ドイツの音楽サイトVIVAオンラインクリップチャートにランクインし、新人歌手にもかかわらずK-POPを代表するアーティストとして認知度を高めている。また、最近ではCNBLUE(シーエヌブルー)、SUPER JUNIOR(スーパージュニア)、2PM、Wonder Girls(ワンダーガールズ)などの韓流トップアイドルのみインタビューすることで有名な中華圏韓流雑誌「トレンディ(TRENDY)」と単独インタビューを行うなど、アジアとヨーロッパ各地でファン層を広げている。ヒットは「アジア新人歌手ショーケース」で激しく華やかなパフォーマンスにより、全世界のファンに存在感を植えつけるという抱負を語った。

☐ リサ(leeSA)は弘益大学のインディーズ舞台を中心に活動し、コースティックギターを自在に操るシンガーソングライターで、YouTubeではすでに有名。コールドプレイ(Coldplay)の『Viva la Vida』、ケシャ(Ke$ha)の『Tik Tok』、マッシヴ・アタック(Massive Attack)の『Teardrop』、少女時代の『Run Devil Run』などのヒット曲をアコースティックギターによるカバー曲として演奏し、その動画をYouTubeにアップロードして話題になった。『Tik Tok』のカバー曲は、アップロード当日に再生回数15万回を記録し、韓国YouTube音楽動画の中で全体2位を占めるほどの大反響を受けた。また、この動画を見たスウェーデンのミュージックソフトウェア企業「プロペラヘッド(Propellerhead)」が、韓国の歌手としては初めてリサを2011年のプロモーションアーティストに選定したりもした。リサは今年、シングル『停電』とプロジェクトアルバム『leeSA wiv Hcube』をリリースして活発に活動中で、彼女ならではの独特な音楽世界は今回の「アジア新人歌手ショーケース」により、全世界から注目を浴びると期待される。

☐ (財)韓国文化産業交流財団とユニセフ、大邱広域市が共同主催する「2011アジアソングフェスティバル」は、「世界陸上競技選手権大邱大会」成功記念行事として開催され、アジア各国を代表するトップアーティストが集まり、アジア各国間の文化交流の場として繰り広げられる予定。韓国からSUPER JUNIOR、少女時代、イ・スンギ、日本からPerfume、AAA(トリプル・エー)、台湾からピーター・ホー、香港からレオ・クー、中国からビビ・チョウ、タイからタタ・ヤンの出演が確定しており、次期K-POPブームを引き継ぐ韓国新人歌手6組がアジア新人歌手ショーケースに出演するなど、例年にも増して華やかな舞台になると期待される。

☐ 「2011アジアソングフェスティバル」は無料で入場できる国際チャリティ音楽イベントで、30日(金)に2回目の入場引替券ダウンロードサービスを開始する予定。引替券のダウンロードおよび行事に関する詳細は公式ウェブサイト(www.asf.or.kr)から確認でき、海外音楽ファンのために英語、日本語、中国語のページも開設されている。また、公式ツイッター(@asongfe)でもアジアの音楽ファンとコミュニケーションをとっている。