이사장 곽영진

世界に向けた拡張
韓流の挑戦は無限大です。

韓国文化産業交流財団理事長の郭濚鎭です。

K-Popとドラマを軸として始まった韓流は、ノリノリで多才な韓国人の底力を見せつけ世界中を魅了し、愛さずにはいられない「クール」かつ普遍的なコンテンツとして世界中の人々の心に深く刻まれてきました。

韓国文化を楽しみながら一緒に泣き、笑い、踊ることで世界と親友となり、韓国はもはやアジアの小さな国を超え誇らしい文化をもつ「素敵な国」として堂々と羽ばたいています。

我が財団は、こうした韓流のグローバル化をしっかりと支えるべく努めてまいりました。

<Feel Korea>、<アウルギ、外国人留学生韓国文化探訪団>、<韓流基盤文化ODA>など様々な交流事業を通して、韓流を一方的に伝播するのではなく世界と一緒に歩む「優しい韓流」を先導しました。今年で第11回目となる<アジアドラマ・カンファレンス>は、優秀なドラマ関連人材どうしのグローバル・ネットワークを強化し、各国の文化産業専門家で構成された海外通信員を運営して世界の中の韓流を一足先に伝えるグローバル民間コミュニケーターとしての役割を黙々と果たしてまいりました。また<韓流白書>、<韓流の経済的効果に関する研究>、<海外における韓流実態調査>などの様々な調査研究事業を通して、韓流のグローバル価値の拡大に積極的に貢献してまいりました。

今の韓流は「融合」という大きな流れを軸として感性、芸術、技術、産業と結び付けられ広まっており、さらに韓食、ファッション、医療、観光など幅広いジャンルも加わって領域の限界を壊しました。そして有・無線プラットフォームをもとにしたたくさんのウェブコンテンツが作り出され、バーチャルリアリティ(VR)、ホログラム、人工知能など最先端ICT技術を組み合わせた「融合韓流」として生まれ変わりつつあります。

我が財団はこうした変化の中で見えない負担と壁を取り壊し、世界とともに双方向の交流をさらに拡大できる環境を整えていく所存です。
弛まず無限に進化し続ける韓流に向け、財団一同一歩先を進んでまいります。皆様の多くのご関心とご参加をどうぞよろしくお願い申し上げます。ありがとうございます。