Article view
Title アウルギ、グローバル融合させる
No 57 Inquiry 203 Date 2016/10/14

文化体育観光部と韓国文化産業交流財団はGKL社会貢献財団との共催で10月9日(日)の12時から18時にかけて盤浦漢江(パンポ・ハンガン)公園内のセビッソム・屋外ステージで「グローバルフレンドシップフェスティバル」を開催した。 



グローバルフレンドシップフェスティバルでは「Outlookie(アウルギ)、グローバルの青春たちを融合させる」をテーマに進路に悩む多くの若者に役立てるよう、各分野の専門家らがメンタリングに参加した。まずは駐韓ブラジル大使館に勤めながらJTBC放送局の討論番組『非頂上会談』にブラジル代表として出演していたカルロス・ゴリトは留学生後輩たちの悩みに答えた。 


また外国人留学生と韓国人の融合を助けるために言葉の問題なく誰もが楽しめるノンバーバルなパフォーマンス公演も披露された。KBS放送局の『ギャグコンサート』出身で、国内はもちろんイギリス、豪州など世界を舞台に活躍する「オンアルス」と料理をテーマに世界一おいしい公演を披露するミュージカル『BIBAP(ビバップ)』、インディーズバンドの「チェリーファクトリー」と「ジャンナビ」がメントルとして登場し、韓国生活に馴染めなかったり学業とバイトで厳しい日常を送る青春たちのストレスをふっ飛ばしてくれた。




ほかにもハングルの日を記念して会場を訪問した皆に韓国語と世界各国の文字で書かれた応援のメッセージを入った葉書を配布するとともに文化芸術の場、悩み相談の場などの様々なプログラムが公園を歩く市民たちの足を止めた。


「アウルギ」は国内外学生同士の双方向交流を支援する文化プログラムで、外国人留学生らのストレス軽減と留学生活の満足度向上、韓国に親しみを持たせ口コミを拡大するために2015年からスタートしたもの。今年は第2期メンバーが4月から活動を始め毎月様々な韓国文化を経験しており、11月の解散を控えている。