Article view
Title アウルギ第2期の初探訪、テコンドーを体験しに茂朱へ!
No 53 Inquiry 298 Date 2016/06/10





5月21日から22日までの1泊2日間、在韓国外国人留学生韓国文化探訪団「アウルギ第2期」の団員らが、2016年初の日程として全羅北道茂朱にあるテコンドー院で「テコンドー探訪」を実施した。アウルギ団員らはテコンドー院に到着し、昨年テコンドーを体験した第1期ナビゲーターと韓国ナビゲーターのサポートを受け、生まれて初めてテコンドー道着を身に着けて本格的な体験活動を行なった。テコンドー院の施設を探訪しながら、各班に別れて院内のあちらこちらで楽しい思い出を写真に残した。また、スポーツ専門家である韓国文化産業交流財団のクァク・ヨンジン理事長とあいさつを交し、団員らが普段から知りたかった韓国の文化やスポーツについて話し合う時間を設けた。

特に、モノレールに乗ってで上った展望台では、茂朱の美しい景色に驚きを隠せなかった。第1期ナビゲーターは「去年は雨で残念だったけれど、今回は晴れの日に来られて嬉しい」と満足そうな様子だった。午後はテコンドーの基本動作とコミュニティ・プレイを通して団員どうしの絆を深める楽しい時間を過ごした。

2日目の朝、一部の団員は早朝からテコンドー院の爽やかな空気を吸いながら散歩を楽しんだ。皆が楽しみにしていた撃破を最後に学び、1泊2日の充実したテコンドー探訪日程を終えた。

今年4月に行なわれた発足式を皮切りに様々なテーマで韓国の現代、伝統文化を体験している「アウルギ第2期」団員らは、次回の6月探訪として多文化家庭の青少年たちと1泊2日間の「世界文化青少年アウルギキャンプ」を実施する予定だ。