Article view
Title 韓国文化産業交流財団第4回韓流NOWセミナー開催
No 32 Inquiry 389 Date 2014/12/15

- 14カ国5,600人対象に実施された「第4回海外韓流実態調査」結果発表

- 学界・メディア実務者の討論で生き生きとした韓流の現場にスポット当てる

 

 

韓国文化産業交流財団とソウル特別市が共同主催し、文化体育観光部が後援する第4回韓流NOW定期セミナーが12月11日木曜日、ソウル市役所3階大会議室で開催された。「韓流ホットイシューの集中探究」と「韓流活用ソウル観光活性化討論会」の2セッションからなる同セミナーは、今年一年トピックになった「中国における韓流の状況と展望」「K-POPスターシステムの輸出」「韓流活用ソウル観光の活性化方策」について議論した。

まず、韓国文化産業交流財団から「第4回海外韓流実態調査」の結果発表が行われた。14カ国5,600人の海外韓流ファンを対象に行われた「第4回海外韓流実態調査」は、大陸別・国別韓流消費意識や国のイメージなど、全世界の膨大な韓流データが一目で把握できる情報を提供した。続いて「中国における韓流の特殊性と活用」「韓国のスター育成システム」「韓流活用ソウル観光の活性化」に関するテーマ発表と討論会が進められた。

2014年を振り返り、明確にしておくべき韓流イシューを残らず扱った同セミナーでは、海外韓流現場の生き生きとした事例を見ていき、本質的な質問が投げかけられ、発展的な韓流の方向性が模索された。