Article view
Title 在韓外国人留学生、韓服の裾をひるがえして 韓国の趣と美を披露
No 69 Inquiry 14 Date 2017/11/03

 19か国60人の外国人留学生韓国文化探訪団「アウルギ」の団員たちが準備した『ロッテ百貨店とアウルギ文化フェスティバル』が9月29日(金)、ロッテ百貨店本店の特設舞台で開催され、成功裏に終わった。




この日の午前には、フェスティバルに先立って韓国文化産業交流財団とロッテ百貨店のMOU締結式が行われた。双方は今後、外国人観光客や在韓外国人留学生を対象とした文化交流事業を協力推進する予定であることを明らかにした。


フェスティバルでは韓国最大の祝日である秋夕を迎え、「アウルギ」の団員が美しい伝統韓服を着てランウェイに上がり、韓服の趣と美を披露した。また、グローバルテコンドー示範団であるKタイガースと共にアウルギもテコンドーパフォーマンスの華麗にしてキレのある公演でフェスティバルを訪れた国内外の観光客の視線を捕らえた。


韓服ファッションショーに参加したウズベキスタン出身の留学生ズマバーイェブ・ティムール(世宗大、23歳)さんは、「美しい韓服を実際に着てファッションショーのランウェイを歩いたのはドキドキしたが、韓国文化を理解できる貴重な経験をしたことは意味深かった。一生忘れられない思い出になりそうだ」と参加した感想を伝えた。




韓国文化産業交流財団のクァク・ヨンジン理事長は、「今回のフェスティバルでアウルギの団員が韓服やテコンドーなど韓国の伝統文化を実際に体験して市民と交流することで、韓国文化をより深く理解できるようになって意味深かった」と明らかにした。


4月の結団式で発足したアウルギ3期の団員たちは、済州島の世界文化遺産とグローバル革新企業の探訪、浦項の農村と伝統市場の探訪、2017グローバルフレンズシップフェスティバルをこれまでに実施しており、今後は全州文化探訪と解団式で活動を終える予定だ。